映画の中のサイン
by sda-cinema-p
カテゴリ
information
essey
以前の記事
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
日本サインデザイン協会 SDA出版委員会では映画の中のサインについてのエッセイを広く募集中。
詳しくはこちら




その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
第9話 めぐり逢えたら
若い頃、シアトルに住んでいたことがあり、「Sleepless in Seattle」というタイトルに興味を引かれて、軽い気持ちで映画を見に行きました。しかしストーリーの楽しさや登場人物の個性豊かな表情にすっかり魅了され、これまで何度いえ何百回見たか分かりません。特に終盤のシーンが私の心を射止めています。そのシーンとは、主人公のアニーが自分の心に迷いを感じながらも婚約者ウォルターとNew Yorkの高層ビル最上階のレストランに座り、ドンペリヨンを注文し、心の迷いを打ち明けようとした瞬間、窓から見えるエンパイヤ・ステート・ビルのライトアップが赤いハート型に点灯するのです。その日はバレンタイン・デーで実に気の利いたライトアップだった訳ですが、アニーはまるで神様からのサインを受け取ったかのように感じたのです。そこで「This is a sign」と名台詞を放つのです。エンパイヤ・ステート・ビルには彼女が心引かれるサムと息子のジョナが待っています。指輪を返し婚約者と別れて、サインを感じた男性のもとに走るアニーは映画の中でずっと笑って走っていました。この映画のベースとなっている「めぐり逢い」という映画ではここで悲劇が起こり、主人公が事故にあうのですが、赤いハートのサインを受け取ったアニーにはハッピーエンドが待っていました。女性だったら誰もが共感するストーリーでしょう。ハートウォーミングな結末と、最後に子供ジョナの笑顔でエレベーターが閉まるシーンは、また最初から見たいという衝動に駆られるほどでした。
私は1998年に福岡タワーのライトアップ改善計画に携わりました。コンセプト会議の中で何度もこの映画のワンシーンの話しをしたものです。何気なく照らし出した風景が、それを見た人の人生まで変えてしまうかもしれない。だからこそシンボルになるタワーの照明はメッセージを伝えなければならないと。私は「光はサインである」というコンセプトを持ってライトアップのデザインをしました。実はこのときは本体の照明を素晴しく改善したのであってイルミネーションのデザインはしていません。だから現在のバレンタイン・デーに点灯される格好悪いハートマークは私のデザインではありません。もしも私がハートマークを出すとしたら、洗練されたインターラクティブな暖かいハートを創っていたことでしょう。そのハートで恋が成就することがあったら、照明デザイナーの冥利に尽きることだと思います。
f0218826_14415357.jpg





松下美紀(九州地区)




1993年 Sleepless in Seattle
邦題 「めぐり逢えたら」
監督・脚本 ノーラ・エフロン
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
音楽 マーク・シャイマン
主演 トム・ハンクス、メグ・ライアン
レオ・マッケリー監督、ケーリー・グラント主演1957年の名作「めぐり逢い(1957)」がベースにあり、リメイクではないけれど、目前の幸せに迷うキャリアウーマンと、愛する妻に先立たれたシングルファーザーの運命的な恋を描いた、ハートフルな恋愛ドラマ。そこ、ここに名作「めぐり逢い」のエッセンスが散りばめられた美しく心温まる女性にとっては見逃せない映画です。(著者記)
[PR]
by sda-cinema-p | 2010-04-26 14:46 | essey
<< 第10話 the波乗りレストラン 第8話 七人の侍 >>