映画の中のサイン
by sda-cinema-p
カテゴリ
information
essey
以前の記事
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
日本サインデザイン協会 SDA出版委員会では映画の中のサインについてのエッセイを広く募集中。
詳しくはこちら




その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
第12話 ロスト・イン・トランスレーション
f0218826_17554897.jpg
自分の手がけたものが、映画の中にも登場するというのは格段の喜びのひとつである。しかも、それがエキストラ的な役回りではないとすれば。

「Lost in Translation」という作品は、CMの撮影のために日本へやってきた中年ハリウッド俳優・ボブと、カメラマンである夫の日本での仕事のために連れ立って来た新婚の若い女性・シャーロットとの間で共通に芽生える、繊細で微妙な、日々の中で何かが欠けてしまった感覚を(淡い恋心を含めて)描いたものである。二人とも日本に来るのは初めてで何もかもが目新しく(馴染めず)、そこから生じる、澱のように募る孤独感や疎外感に襲われつつ、ギリギリのところでつま先立ちを続けるような、そんな危うい心の機微を捉えている。
シャーロットは、夫の仕事が忙しく、滞在しているホテルにほとんど置き去りにされてしまう。仕方がなく東京の街を彷徨ってみたりするのだが、言葉も通じず、目にするものにも違和感を少なからず感じ、ますます虚無感を強めていってしまう。

彼女が地下鉄に乗るシーンがあるのだが、そこにごくわずかの時間ではあるが当時掲出されていた営団地下鉄の路線図が登場する。実は、これは私がそのデザインを担当したものである。彼女はこれに眼を落とすも、初めての日本での言葉や文化の壁、東京という街の活動的ながらもドライな雰囲気、連日増してゆく孤独感なども手伝って、途方に暮れて戸惑いを隠せない様子である。東京の地下鉄は複雑に線が張り巡らされ、路線図に表現するとそれはあたかも迷路のように見えるのかもしれない。
ここでは、あらゆる情報や現象や文化が複雑に絡み合って構成されている「東京(あるいはトーキョー、TOKYO)」という街の象徴として、この路線図がモチーフとなっているようにも思える。結果として言えば、この路線図が情報源という意味のサインとしてあまり役に立っていないということなのかもしれないが(苦笑)、自分の手がけたものが外国人から見る「東京の顔」となった瞬間をそこに感じ、初見した際は気分の高揚を禁じ得なかった。

本作品にはこのほかにも新宿や渋谷・代官山などの街並もふんだんに登場し、ネオンサインや店舗の看板類などでひしめく街の様子が、有益無益を問わず情報の洪水と化している現代の「東京」を端的に良く表現している。最後のシーンも首都高速の道路標識が映って終わる。
一方でこのようなサイン類のみならず、出てくる人々や数々のシーンに日本人の特性やそこにあるさまざまな問題も、演出か歪曲か多少の誇張は否めないものの、哀しいくらいコミカルに描かれており、思わず笑って同時に泣ける作品である。

全体として散文詩的で、ビデオクリップを観ているような感覚に近く、実は映画というより映像作品と言った方が適当かもしれない。バックグラウンドで使用されている音楽も、どこか曖昧で不安定さを携えたものが並ぶ。そういった側面も、私の好みに合致する部分が多い。

この作品を観ると、東京という街を映像や写真に撮るとするならば文字(サイン)が写らない場所がない、そんなことも思わせる。すなわち、あらゆる風景の中にサインがある、いやむしろ、サインによって街の表層が形作られているのだとも言えるのではないか。このことが、東京という街の活気やエネルギーを創出している事も確かだが、同時に一種の冷ややかさや虚しさ、豊かであるという貧しさも表しているような気がしてならない。


大塚喜也(関東地区)




「ロスト・イン・トランスレーション」 (Lost In Translation)
公開年 2004年(日本)
製作国 アメリカ
監督・脚本 ソフィア・コッポラ
出演者 ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン ほか
受賞歴 2004年 アカデミー脚本賞
    2004年 ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)
    ほか
[PR]
by sda-cinema-p | 2010-05-27 17:57 | essey
第11話 パニック・ルーム
 映画の中に出てくる「サイン」や「看板」といえば、すぐに思い浮かぶのは「ブレードランナー」に出てくる「強力わかもと」の電飾サイン(高層ビルの間を漂う感じの、飛行船みたいなやつもありましたね)や、「バグダッド・カフェ」の給水タンクのシーン、「ミリオンダラー・ホテル」のホテルの電飾サイン、あるいは「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊攻殻機動隊」に出てくる九龍城のような町並みなどですね。「攻殻」の続編ともいえる「イノセント」に出てくる北端の街のパレードのシーンも、躍動感があって見事な描写だったと記憶しています。

f0218826_13545110.jpg













 ほかにも印象的なシーンはあるのですが、今回は映画本編ではなく、「映画タイトル」の話をしたいと思います。デビッド・フィンチャー監督の「パニック・ルーム」です。
「映画タイトル」というのは、物語が始まる時に俳優やスタッフ等の字幕が次々と表示される一連の映像の事ですが、それぞれの作品ごとに独自の演出があって、僕は結構楽しみながら観ています。さて、「パニック・ルーム」のタイトルですが、ニューヨークの実際の高層ビル群のなかに俳優名などの文字が立体になって現れます。ある文字はビルの塔屋サインのように、ある文字はビルの壁を伝い中空に突き出すように。ある文字は広い通りをまたいで隣のビルにまたがって、現実のサインのように現れます。文字の質感や光沢とか、ビルとの距離の取り方とか、本物のチャンネル文字が宙に浮いているようです。最近のCGはどんどんよくなっていますね。(この作品は2002年の作品ですが)爆発のシーンや、人が変身するシーンだけでなく、本来あるはずのない物がそこにあるように、私たちに様々な可能性を見せてくれます。映画を見ながら、もし実際にこんな施工をしてくれる工務店があったなら何としても工事を依頼したい、などど、下らぬ事を考えてしまいました。肝心の本編のほうは、ヒッチコックやブライアン・デ・パルマなどを意識して作られたと思われるサスペンス調の作品で、それほど良い出来だとは思いませんでしたが、タイトルの出来は明らかに本編を上回っていますね。
 と、ここまでは褒めましたが、実はこのタイトルには、元になるネタがあるんです。ヒッチコック監督の「北北西に進路をとれ」がそれです。青一色の画面にケーリー・グラントなどの俳優の名前が斜めにパースがついた状態で次々と現れるのですが、やがて背景がビルの壁面に変化します。パースがついた高層ビルのカーテンウォールに俳優名が表示されていたわけです。監督のデビッド・フィンチャーは、映画のみならず、タイトル映像もヒッチコックファンだったのでしょうか。
 「北北西」のタイトルをデザインしたのはソール・バスという人です。元々著名なグラフィックデザイナーですが、映画のタイトルデザインを数多く手がけており、「映画タイトルを職業として確立した人物」といわれています。オットー・プレミンジャー監督の「黄金の腕」、ヒッチコック作品の「サイコ」「めまい」、リドリー・スコット監督の「エイリアン」(最初のやつです)などのタイトル映像を手がけています。この原稿を書くためにネットで調べたところ、何と、彼の手がけた映画タイトルや短編映像をおさめたDVDが見つかりました。タイトルは「ソール・バスの世界」。彼の制作した映画タイトルと、そのメーキング映像のほか、付属のブックレットには彼の手になる企業CIなどが収められているようです。AMAZONで見つけました。出版元はよくわかりませんでした。海外でしょうか。¥3,900です。興味のある方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


村山和彦(非会員)





作品:パニック・ルーム
配給:米パラマウント作品(ソニー・ピクチャーズ) 2002年公開
監督:デビッド・フィンチャー
出演:ジョディー・フォスター
   フォレスト・ウィテカー
   ジャレッド・レト 他
[PR]
by sda-cinema-p | 2010-05-17 13:33 | essey
第10話 the波乗りレストラン
波乗り、とくれば湘南、湘南とくればサザンオールスターズ。
そうです。このショートドラマに流れるのは、サザンオールスターズの選りすぐりの33の曲。33曲に乗って一話一話が完結しながら連続していきます。曲の題名がストーリーになっているのかといえば必ずしもそうではないのですが、通しで見るとひとつの湘南物語となっています。
サザンのハイなイメージに対してドラマは至ってスロウ。人生こんなに無駄していいのかな?という道草ストーリーともいえるでしょう。
f0218826_1415361.jpg

ドラマはこんなふうに始まります。
ある時どこからともなく一人の若い男が、海辺のボロボロの建物にやってきます。そこは茅ヶ崎、廃業した元レストランの店舗兼住居です。
男は建物をすこしずつ整え、をお店の看板として掲げます。土地柄サーファー目当てのレストランかと思いきや、否、実はサーフボードの看板はストーリーとしてはたいして重要な小道具ではありません。それよりこのドラマで注目すべきは、いつも扉にかかった手書きの「準備中」の札なのです。

頼りない「準備中」の貼り紙こそがこのドラマの上での大きな「サイン」です。
話はいよいよ始まるのかな、準備中のレストランはいつ開業するのかな、と見る者は期待しますが、結局店は開業しないまま最終話までたどりつきます。サクセスストーリーとは正反対のモラトリアムストーリー。
店主(大泉洋)を始め、やってくるお客(登場人物)すべてが人生の「準備中」なのです。
何かをどこかで決定しないまま人生の時間が過ぎていった人、あるいは突っ走ってきた人生の途中で一休みの人、などなど。しかし、誰ひとりとして憎めません。
そうした人たちをウエルカムではないけれど、なんとなく迎え入れてしまうのが、店主の人柄と言えましょう。店主は、波のように何でも包み込んで浄化してしまうような寛容さを秘めているのですが、実は彼自身も過去に傷を負っている・・・(ここがちょっとばかりドラマにはありがちな設定なのですが)
「準備中」だからこそ、何をしても許されるような店の居心地の良さは、所詮身の回りに起こるすべてのことは大騒ぎするほどのたいしたことではない、と思わせるような不思議な包容力をもっています。体ではなく心の傷を癒す湯治場のようです。
人生あくせくしても仕方がない。今日も、明日もずっと準備中でもいいのかも・・・。

おもしろいかおもしろくないか、感じ方はまさに今まで歩んできたその人の人生観しだい。
・・・ですので、決してお勧めはいたしません。



宮崎 桂(関東地区)




the波乗りレストラン(TVドラマ全33話 映画ではありません)

2008年
日テレ開局55年記念+サザンオールスターズ結成30周年記念のスペシャルTVドラマ。DVDあり。
脚本:大宮エリー
出演:大泉洋、布施博、富田靖子、西村雅彦、高橋ひとみ、松下由樹、白石美帆他
http://www.ntv.co.jp/naminori/
[PR]
by sda-cinema-p | 2010-05-06 14:15 | essey