映画の中のサイン
by sda-cinema-p
第5話 許されざる者
映画のセリフの中で「サイン」とうことばが用いられ、私の耳に深く刻みついた映画があります。
クリント・イーストウッド監督の「許されざる者」という映画です。
かつてオードリーヘップバーンがヒロインをつとめたアメリカ西部劇のリメイク盤で、長くフランシス・フォード・コッポラが脚本の権利を持っていました。

ビリーザキッドのように世に恐れられていたイーストウッドが主人公を演じる老年のガンマンが隠居生活に入っていましたが、ある残虐な事件がおき、かつての仲間と賞金稼ぎの旅にでます。
無事、賞金稼ぎは済むのですが、ストーリーの最後、イーストウッドの相棒が保安官につかまり、鞭でなぶり殺され、バーの入口に「晒し者」にされます。
「賞金稼ぎの末路はこうなってしまうぞ」と死体に「サイン」がつけられ、それを知ったイーストウッドは「A sign on him?」と怒りをあらわにし、敵をとりにいきます。
その時店の店主に「あいつを店の飾り物にしている店主は誰だ?」と主人公が聞きます。店主が「私ですが・・」と答えるとショットガンで即座に射殺してしまいます。

「A sign on him?」、日本語ですと、「店の看板にしているだと!」と訳されると思いますが、イーストウッドの低音の独特な発音な声で発せられた「A sign」という言葉が広義で意味深いものに感じ、いまでも私の記憶から離れないのです。f0218826_1243178.jpg




八島紀明(関東地区)






作品:許されざる者(第65回アカデミー賞 作品賞)
配給:ワーナー・ブラザーズ映画 1992年公開
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド
   ジーン・ハックマン
   モーガン・フリーマン
   リチャード・ハリス
by sda-cinema-p | 2010-03-29 12:07 | essey
<< 第6話 秋刀魚の味 第4話 ダークナイト >>